2007年01月28日

日本人に「嫌韓感情」しか増幅できない日韓合作映画「あなたを忘れない」! この映画制作に携わった者はYAHOOユーザーレビューを見て自らを恥じ反省せよ!

日本人として映画「あなたを忘れない」に「NO!」と感じたら応援クリックを!!人気blogランキングへ
JRANK BLOGRANKING
映画「あなたを忘れない」は日本人に「日韓友好」の感情ではなく「韓国嫌悪」の気持ちしか増幅しない、そう思う方はクリックしてください!
 また、このブログの記事は2007年1月28日に書かれたもので、未来の日本のためにネットを通じて情報を発信しています。2007年1月28日以降に、この記事に何かを感じた方はクリックをお願いします!


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

あなたを忘れない > 作品ユーザーレビュー
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id326060/p1/s0/
超映画時評『あなたを忘れない』55点(100点満点中
日本人の被害者、関根さんの不在ぶりに泣けた
http://movie.maeda-y.com/movie/00858.htm


 ネットで「非難の嵐」が巻き起こっている話題の「あなたを忘れない」がもし韓国人日本語学校生、日本人カメラマン関根さん、不幸にも線路に転落した3人の人間を彼らの人生や愛とともに描ききっていたのなら、それは映画史上最高の素晴らしい映画になっただろうに。
 実際には、酔っぱらって線路に落ちて亡くなった方だって、大変優しい方で、もしかしたら失恋やリストラや様々な悩みを抱えていたかも知れない。
 いや最低でも韓国人学生と日本人の関根さんを公平に描くことが出来たなら、それこそ真の「日韓友好」に貢献できただろうに。
 そう思うと大変残念な映画である。
 彼らが見せようとした勇気や愛が、何者かのつまらない民族主義思想によって歪曲されてしまっている。
 その意味でも、日本人であれ、韓国人であれ、この映画に関わった人たちの責任は極めて大きいと言わざるを得ない。
 最後に、この事故で亡くなられた3人のご冥福をお祈りするとともに、
YAHOOの「あなたを忘れない 」作品のユーザーレビューをご紹介し、この日韓合作映画「あなたを忘れない」が私たち日本人の心に残した大きな傷を将来に語り継ぎたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
★一番彼らの思いを侮辱しているのは誰か? 投稿者:gohan_●●●さん
まず、この事故で亡くなられた3人のご冥福をお祈りいたします。
この映画は、韓国人であることで日本人から差別を受けていたにもかかわらず、
日本人のために命を投げ出したイ・スヒョンさんの遺志を大切に、日韓友好の輪を広げていこう…というメッセージが込められているようですが…。
まず思ったのは、イさんも関根さんも、線路に落ちた人を助けようと向かった瞬間、落ちた人がどこの国の人かなんぞ考えていなかっただろうということ。
どこの何人であっても、彼らは線路に飛び降りただろう。結果として落ちた人が日本人であっただけでは?
実際には存在しなかった日本人の彼女を仕立て、その父親をレイシストとして描く。
「日本人から差別を受けていた」を強調するエピソードとして、存在しない人物を仕立ててなにが「真実」なのか?CMでやたらと「真実」を強調するのは不適切だろう。
結局、製作側が一番イさんと関根さんの思いを侮辱しているのではないか。
彼らはただ、そこに困った人がいて助けたかっただけなのだろう。
あの事故の後、転落検知マットの設置も進んだと聞く。
彼らの思いを無駄にしないためには、そういうシステムの現状と、線路に落ちた場合の対処方法も挿入すべきであったと思う。第二、第三の彼らを生まないためにも…。
★韓国人の「日本人感」ここに表われり。 投稿者:miuy_●●●さん
韓流ブームが叫ばれて久しいですが、この映画にこそ、真の韓国の姿が描かれています。
「韓国人が日本人のことをどう思っているか?」よくわかります。
実際には、この映画で日本人が韓国人にしていることを、韓国人が日本人にしているのでしょう。
韓国で日本人の子供が暴行事件の被害にあった時、インタビューで韓国人が「子供がやられたのか?でも日本人なんだろ?」と答えていたこと、マスコミがそれを平気で公共の電波に乗せることに大変驚きましたが、日本が逆の立場だったら、同じことを言う人はいるかもしれませんが、間違ってもテレビでは流さないでしょう。
こういうことばかりやっていると、日本の若者はどんどん韓国のことが嫌いになってしまいますよ。ヨン様ファンのおばさまも醒めてしまうことでしょう。
私は大学時代に韓国人留学生とたくさん知り合っています。彼らは礼儀正しく、優しくて、ユーモアがあって素敵な人たちでした。
それだけにとても残念です。
★反発も当然の内容。 投稿者:naoki_●●●さん
かなり周りの人間(日本人)を悪く描いてる。
ここまで日本人だけを悪く描く必要があったのか疑問。
ま、こんな映画に時間と金を使うのは無駄ですね。
ま、死んだ人はがんばったんだろうが、わざわざ映画するほどか?
まして、日本人を悪く描いて、この死んだ朝鮮人がかえって叩かれるという、まさに死んだ彼には、死が無駄になっただけ。
ま、監督が悪い。
死んだ彼の責任じゃないところで、朝鮮人への反発が起こる
(同じく死んだ人(日本人)には触れないし、周りの人間を悪く描いてる。
 反発が起こるのも仕方ない内容だし)
こういう反発を起こしてしまうような内容にしてしまった監督と脚本家が未熟というか、思想が変。いまごろこんな映画がうけるわけがない。
ま、そういう反発をこころが狭いと批判することはできるだろうが。
しかし、レビューのほとんどを見ても反発だらけ。
普通の感情では反発も起こる。こんな映画をとった監督があほ。
名前もしらんけど。
ま、監督に力量もなにもかも不足してたんだろうよ。
この映画を見て褒めてるのはちょっと頭が変わった人か日本人が嫌いな人だけ。
★忘れられない映画になりそうです  投稿者:kisvs●●さん
試写会で拝見しました。
この映画を見て、最初に抱いた感情は「屈辱」でした。
日本人ならこの映画を見るべきです。 
 この話は「事実を基にした」を売りにしていますが、これは実話部分はほぼなく、完全な創作といってもよいでしょう。
 この映画はある目的をもとに、見た人に共通の認識を植えつけようと、恣意的に捏造された映画、つまりプロバカンダのように思えました。
 「韓国人はすばらしい。日本人は酷い人間だ」という認識です。
 劇中の日本人の描かれ方は、どう考えても韓国人の日本人に対する対応です。いったい、この日本のどこで露骨な韓国人差別が行われているでしょう?対して、韓国では徹底した反日教育が行われ、日本人だからという理由で、日本人の幼児が斧で頭を割られて重症を負い、「日本人お断り」という看板がそこここに掲げられています。また、韓国人の日本での犯罪率の高さは言うまでもありません。いったい、この製作者は何を言いたかったのでしょうか?ありのままの韓国を描かず、美化するだけでは相互理解もへったくれもないでしょう。
 それに、助けようとしたのは日本人の関根さんもいらっしゃったのに、それはまったく無視。あくまで韓国人を現実以上に良く描こうとしかしていない、トンでも映画です。
 確かに、一生忘れられない映画になりそうです
★ h2_h●●●さんの呆れた擁護 spokuri●●●●さん
フィクションなら完全なフィクションにすべきですね。
それをせずに、ある時にはドキュメンタリー映画を装い、又、ある時にはフィクション映画を装う。そして、あの悲劇的な事件から都合の良い部分だけをつまみ食いする、そういうご都合主義的な態度も嫌悪される原因だと思います。
それと、「イ・スヒョンさんを英雄視することは、線路に飛び降りることを助長する」との見解は短絡的と書いてますが、これはあなたこそ事実を見てない短絡的な反応では?すでに、去年、この事件のあった新大久保駅で、この事件に影響を受けて、線路上に転落した女性を韓国人が救出したとされる事件がありました。この事件は事実関係があいまいで怪しい部分もありますが、本人の証言からイ・スヒョンさんの影響を受けての行動です。しかも、マスコミは、すでに警報装置が作動してるという事実を無視して、見てるだけだったとされる日本人を非難してましたね。
今後、間違いなくこの映画やこの事件をめぐる報道に感化されたこの手の救出劇とそれに伴う悲劇が起こりうると思います。
日本の韓国をめぐるマスコミの異常な報道などを考慮せずに、安易な発言をすることは、それこそ短絡的なものです。
★韓国の妄想がぎっしり詰まったカス映画  投稿者:die_●●●さん
偏向した政治的プロパガンダ満載の映画。
ファンタジー満載の駄作。
もう日本人の彼女がいて父親が差別主義者って設定でドン引き。
韓国映画に出てくる典型的日本人の設定で大笑い。
上映する事が電力の無駄。
この映画も百回繰り返し上映すれば事実になると思ってるのかな。
1800円払うならホームレスにあげたほうが人助けになる分まだまし。
嘘、捏造で事実を感情的に歪めるおなじみのスーパー韓国妄想映画。
俺が関根さんの親族ならこのゴミ映画の存在を許せないだろうな。
とにかく韓国人は一日でも早く韓国捏造を世界で唯一大目に見ていた日本でも限界が来ている事に気付いた方がいいと思いますよ。
映画全般を通して「独島は韓国領」ってメッセージが刷り込まれてなかったので☆二つです(笑)
★命の大切さ  投稿者:hinomoto_●●●さん
実際に起きた出来事を基に、命の大切さ、人を思いやる勇気を
訴えたいのなら、あくまでも事実だけを淡々と描くだけでも十分に訴えれたはずでしょう。「ホームに落ちた人間を助けようとした二人の男がいた。その二人の人間の国籍はたまたま日本と韓国だった。」と人に焦点を当てた方が、思いやる心、勇気に違いは無くそれぞれ等しくかけがえの無い命と思わせてくれるでしょう。
そのかけがえの無い命を、韓国人の命と日本人の命と二つに分けて一方だけを賞賛すれば、等しく大切な命ということが崩れてしまう。
(一方の)人の命をないがしろにして、「大切な命」と叫んでもそれは白々しく感じるだけで虚しい。
この作品のレビューで賞賛される方に聞きたいが、この作品と同じような作りで焦点を逆にした作品、すなわち「ホームに落ちた韓国人を助けようとしたが、叶わず命を落とした日本人と韓国人」という実際に起きた出来事をを基に、「日本人は勇敢で優しく人を愛し困った人を助けようとする素晴らしい人たち。韓国人は自分勝手で差別主義者で他人の命をゴミ屑のようにしか思わない輩。だから人助けしたのは日本人だけにして、韓国人は皆冷たく見てるだけ」という作品を作られたらどう評価するのか、同じように命の大切さが伝わってくると賞賛してくれるのか?
僕にはとても出来ない、韓国人であろうが日本人だろうが等しく大切な命、その命に優劣をつけるのは助けようとした人達の命さえ踏みにじる愚かな行為と言わざるを得ない。
★全日本人と李さんを愚弄した映画  atomyu●●●さん
ひとことで言うと卑劣。
関根さんや李さんそっちのけで、事実を歪曲してまで日本人を悪にしたてあげるための映画です。
関根さんの存在は抹殺、ヒロインの父親は差別主義者、酔ってホームに
転落した人も差別主義者?なんですかそれ。
純粋な善意から命を落とした李さんと「ごく一部の韓国人を除いた殆どの韓国人」、そしてこの映画の制作者のような「反日日本人」の方がずっとずっと差別主義者です。
この映画の「海賊版(違法コピー)」が韓国中に安価で出回り、それを観た韓国人が「幻の日本人(反日日本人と反日教育で育った韓国人の望む日本人像)」を憎み、怒っては日の丸を燃やしたり、天皇陛下や総理の写真に黒々と大きな×印をつけては反日デモに狂乱するのかと思うと悲しくなります。
そしてわざわざこのような歪曲された映画を、わざわざ陛下に見せた「勢力」の意図はなんなのでしょう?
ひょっとして関根さんの存在とかは事故当時から隠蔽されて、現実の事故の経緯などの情報は遮断されていてご存知無かったりするのでしょうか?
李さんだって、こんな事に利用されるために命を落としたのだとするとかわいそうすぎます
★フィクションを混ぜてまで見せたいのか? 投稿者:asrada●●●さん
かなりフィクション部分が多いと知り驚きました。
過去に縛られた日本と韓国の図式でしか作れない映画制作者の浅はかさに
失望です。わざわざ軋轢をつくり、そして日韓恋愛と言う安易な発想、
取り上げ方も描写も下手です。
どちらにも配慮したつもりでしょうし、寝た子を起こすなとは言いませんが、
現実、韓国人以外のもっと多くの外国人と接し、また現在特有の差別もあるのです。過去に縛られ、毎度おなじみ使い古された加害や被害、
差別被差別の図式で物語を作り押し付けるのは思考停止になるだけでしょう。
完全フィクションなら好きにすればいいでしょうが、
差別や現実の死者を利用し、脚色までして押し付けられるのは不愉快です。
自分達はだけは善人ぶった、悲劇と恋愛の押し売り監督脚本家の品性を疑う。
硫黄島の手紙を見ただけに日本映画関係者の質の低さに驚きます。
★稀に見るキモチ悪さですな 投稿者:qcb●●●さん
エーと、文化庁は何を思って税金を出して合作としたのでしょう?
何を思って天皇ご夫婦初の試写会作品に、このフィクション映画を選んだのでしょう。事前の段取りが、これほど気持ち悪い映画には滅多にお目にかかれませんね。
李さん、関根さんの冥福を祈り、日韓友好を願う者として申し上げておきます。文化庁宮内庁の役人、並びに関わった政治家の人たちは恥を知って下さい。
★死者への冒涜  投稿者:toriyu●●●さん
ここまで事実を変えて脚色する必要があったとは到底思えない映画でした。一緒に救助作業をして亡くなった関根さんに対する冒涜です。『日韓両国の友情の架け橋となる、愛と命の物語』とするならば、イ・スヒョンさんのありのままの姿を映画にすればよい。これでは彼が本当に愛していたであろう韓国人の恋人にも失礼な内容だと思う。「韓日両国が共に共感する事と、共感を分かち合うことが映画の出発である。」「故・李秀賢さん、関根史郎さんにこの映画を捧げます。」としながら、韓国人だからと娘の交際を反対する父親を登場させたり、イ・スヒョンさんを差別する日本人をここまでデフォルメしたりする必要があるのだろうか?日本人=悪、イ・スヒョンさんだけが善人・・・この歪曲した描き方では到底日韓の架け橋への共感など感じない。事実を映画化しなかった意図は何なのか疑問です。
★色々な意味で推薦できない  投稿者:suzuka_●●●さん
関根さん不在はもう既に色々な人が述べている通り。
韓国人はそもそも思想が違うから仕方がないが、
日韓合作?日本人が噛んでいながら、死者を冒涜する作りは
どうか?存在を無視された関根さん、愛する息子の最期をないがしろにされた関根さんの亡きお母様、そして無意味な脚色と政治利用で行為を汚された李さん、全ての故人に対する冒涜以外の何者でもない。
もう一つ、勇気と蛮勇は違う。関根さんと李さんの勇気は私には真似できない、すばらしいものだと思うが、この映画を見て影響を受けた人が同じ行動をとったらそれは「蛮勇」でしかない。非常停止ボタンを押す、駅員を呼ぶ、そう言った手順をスムーズに踏めることが最良の勇気ある行動。少なくとも子どもたちにはそう教えなければならない。それなのに、2人の(この映画では1人の)行為をことさら英雄視するのは、あまりにも危険だ。助けようとする側にも家族や愛する人がいる。その人たちを思えば、「自らの身を守りうる範囲で最善の行動を取る」それが大切。
そして、言うまでもなく過度に「韓国人」…「李さん」ではなく韓国人を美化しようとする見え見えの意図。
色々な意味で、この映画を推薦することはできない。
★ここまで来ると差別ですよね。  投稿者:sutepup●●●さん
謙遜の意識が日本人の美徳の一部だとしても、各レビューで言われているように、このプロパガンダ映画は日本国民を侮蔑していますよね。
日韓を持ち上げるのも良いですが、地上波で放映されていない韓流ドラマでは日本の自動車メーカーが、韓国メーカーの技術を盗む、関係者を暗殺する等、日本人を悪役にしてくれています。
「韓国だけ」を持ち上げるのは、他国に対しての差別ではないですか?公共広告でも韓国語版がありますが、それなら、在日中国語圏、英語圏、スペイン・ポルトガル語圏、アジアの国々、それぞれの版も作るべきです。
日本の芸能でこの流れに乗ってしまうのが流行りとでも言うのでしょうか?真っ当に中立的に見ようとはしないのでしょうか?
拉致や、めぐみさんの映画、硫黄島などの映画もあるのに、今上のご臨席も賜って天覧にする、この商業主義。辟易とします。
★あまりに酷い映画です。  投稿者:kimiga●●●さん
前評判の悪さは知っていましたが、見ているうちに吐き気がして途中で退席しました。怒りで手が震えました。
一緒に救助した関根さん。そのお母さんはそっとして欲しいと取材を断ったそうですね。そのお母さんが他界したのをまってましたとばかりに制作を始めたのでしょう。
制作側も配給側も人間の醜い部分を全開でさらしているようで、おぞましい限りです。
制作費用に文化庁からの気前の良い3000万の支出(血税です)。
天皇両陛下に総理の妻までそろっての、異例の試写会参加。
NHKを含むマスコミの、全局をあげての狂ったような賛美。
おまけに開き直ったのか、今朝からは関根さんの事は一切スルーの報道ぶりです。
いやはや、そこまでして何をしたいのでしょう。
寒気がします。ここまで憤りを感じたのは生まれて初めてです。
できるだけ多くの人にこの事実を伝えます。
誹謗でも中傷でもありません。事実です。
上映中止運動が起こることを願っています。
この映画は確実に日本人の嫌韓を増やすでしょう。
私は憎韓になりました。
★不幸な事件を政治利用すべきではない  投稿者:tea●●●さん
事実のみを忠実に描写して、被害に遭われた方々を偲ぶのならば文句はない。しかし被害者の1人、韓国の青年を異様に美化し、日本人社会が彼を差別してきたというありもしない話しまで捏造し、韓国人青年が助けようとした人は差別主義者だったと誤解を生む様なシーンには開いた口が塞がりません・・・。この映画は遺族に対して何か恨みでもあるのでしょうか?ともに助けようとした方はどうされたのでしょうか?まるで韓国人青年1人の美談にしか見えませんでしたが、最後にもっともらしく、関根氏の名前を出していますが、結局1人の韓国人青年を美化する道具に使われているとしか思えません。
この映画を見て日韓友好を推進しようだとかよく言えますね、ただの日本人バッシングの映画ではないですか?韓国人はこんなに素晴らしいとか韓国人はこんなに勇気があるとか、現実とかけ離れすぎてもうウンザリです。
★死の商品価値  投稿者:kan●●●さん
同じ現場で、同じ死に方をした二人が、片方は主役で、片方は端役扱いされている映画。
映画監督に至っては「今、日本人は心の置き場を失っている。彼の行動が示した『無私の愛情』を感じてもらいたい」とコメント・・・。
関根史郎さんは日本人なのではないのですか?
関根さんの尊い死の価値は李さんのそれより低いらしい。そんな事を考えさせる映画でした。ローランサンの鎮静剤はご存知でしょうか?
最後に、同じような事故が起きたら、線路に飛び降りないで列車停止装置を押すように心がけたい。
★あなたを忘れない?関根さんを忘れてます!  投稿者:saku●●●さん
「そっとしておいてください」と言った関根さん遺族の意向を徹底的に無視し、あげくの果てにその遺族からの許可も取らずに撮影・上映する厚かましさ・・・そしてそれら言い訳を言うスタッフの偽善、欺瞞。
このような心構えの撮影スタッフ及び製作会社が作った映画の、どこをどう見たらユーザーは感動するのでしょうか?
ほんとうに「あなたを忘れない」と思うならば、関根さん遺族の意向「そっとしておいてください」を考慮に入れるハズです。
私の心の中で生き続ける関根史郎さん李秀賢さん、
改めてご冥福をお祈りします。
★ここまで来たか 投稿者:pai●●●さん
ここまで日本人の心を逆撫でする映画はないと思う。
陛下もこんなヒドイ映画だとは知らずに鑑賞なさったんだと思う。
友好という言葉を信じて。
天皇皇后両陛下は日々国民の為に祈っておられる。
そんな天皇皇后両陛下を今度は私達が守って差し上げなければ
ならいのでは?と今回の事で強く感じた。
大人しい日本人もいい加減堪忍袋の緒が切れることを忘れるな。
★「日本を嫌いにならないで!」が気持ち悪い  投稿者:sdfs●●●さん
毎度のことですが、日本人女に「日本を嫌いにならないで!」と叫ばせる韓国人たちの心理がとても興味深いですね…。「日本を嫌いにならないで」と日本人から言われたい。 日本人の女に惚れられたい。韓国人による韓国人のためのマスターベーション映画にとどめておけばいいのに、じっさいに日本に押し付けてこようという姿勢が非常に気持ち悪い。「韓男日女」の組み合わせを何としても浸透させようとする韓国人たちのこの執念、なんなんでしょう。僕にとっては、もともとは近いけどどうでもよい国だった韓国ですが、最近では近くにあることが憎くて憎くてたまらない国になりつつあります。線路に落ちた男性を助けようとして巻き添えで亡くなった「二人」の男性の行為は良心のあり方としては正しいのかもしれませんが、事態に対する現実的な対処法としては明らかに間違っています。こんな腐ったプロパガンダ映画の「英雄」に感化されリスクも考えずに線路に飛び込む、新たな犠牲者たちを生まれないことを祈るばかりです。
★賞賛に値するク●映画!  投稿者:niro●●●さん
まず内容が極度に歪曲されている。救出にあたったのが韓国人のみになってるが実際は日本人も救出にあたった。その事実がなく、単に「韓国人が日本人の失っているものを思い出させてくれた」はおかしい。かつ救出される人の設定が人種差別主義者(韓国人嫌い)である意味がわからない。登場する日本人が意図的に悪とされているのには、嫌悪感どころか異常と感じる。結果的にこの映画が言いたいのは、「どうしようもない悪人である日本人を韓国人が勇敢にも救おうとした」という事。侮辱以外に何もありません。製作者一同の精神を疑います。見て気分が悪くなりますので、仮に誘われてもお断りすることをお勧めします。
★映画化自体が問題 投稿者:hisa●●●さん
6年前の事件は「悲劇」以外の何物でもありません。
他の方が書かれているようなプロパガンダ的な問題や実話をもとにしたという宣伝文句を使っていながらほぼフィクションである点、天皇・皇后両陛下まで利用してのプロモーションといった問題点ももちろんですが、それ以前にこの事件を「美談」として映画化すること自体に問題があります。
ホームに落ちた人を助けようとする場合、自らホームに下りることは最も危険な行為であり、JR含め鉄道会社は絶対に線路に下りないようにと常に呼びかけています。
実際、この事件でも最初に落ちた人、助けようとした2人、計3名の尊い命が失われています。
この行為を英雄的行動として映画化するのは如何なものでしょうか?
製作者側のモラルを疑います。
★そんなに日本人を悪者にしたいのか!?  投稿者:maruo_●●●さん
この映画はほぼ完全なるフィクション。見てはならない。
綺麗な部分は韓国人担当、汚い部分は日本人担当。日本人が悪役に仕立て上げられている。転落者を救出しようとして一緒に死亡した日本人の関根さんが描かれていない。映画ホームページでは「酔っ払い」の下に小さく書かれているだけ。こんな扱いが許されていいのか。
これだけ喧嘩モード全開の攻撃的な映画作っといて、何が日韓友好ですか?日本人をなめているとしか思えない!!本当に悔しい!!
こんな映画の試写会に天皇陛下を動員したことも許せない!!
韓国メディアは「日王(日本の王)が出席」と天皇陛下を馬鹿にしていた。こんな横暴がいつまでも許されると思うなよ!!
★この映画の影響力は如何に  投稿者:st20●●●さん
・韓国人が、すごく立派な「人助け」をしたかのようなアピールだが、まったく違う。非常ベルを押して電車を止め、駅員に知らせるなど冷静に対処すべきところを無謀にも線路に飛び降りて、極端な話「犬死に」しただけ。
初めに酔って落ちた人、この映画の主役にされた韓国人留学生、救出を手伝った日本人(関根さん)、誰ひとり助かっていない。最悪の結末を迎えた悲劇的な事故にすぎず、むしろ二度と繰り返してはいけない反面教師的な教訓とすべき悪例にすぎない。この愚かな行為を逆に美化するかのような見せ方にはおおいに疑問がある。
・日本人が日本人を、また韓国において日本人が韓国人を、同様のケースで救出した例もこれまでに多々ある。今回のこの一例だけを特別扱いして映画にまで仕立てる必然性がまったくない。
・公的に制作されたものでなく、一企業が自社の興行目的で制作した作品。天皇皇后両陛下が異例の試写会鑑賞とは、商業目的の宣伝につながり、公平性が損なわれる。
★ひどい映画だ 投稿者:peti●●●さん
関根さんのことはスルーですか?
模造映画・・・
「山手線には絶対乗りたくない」と話す関根さんの姉山崎操さん(57)は、今も悲しみが癒えない。
 山手線の代わりに並行して走る埼京線などを利用。埼京線の電車が新大久保駅に差しかかる際にはいつも、現場のホームと反対方向を向くようにしているという。
 事故直後、マスコミなどの「大騒ぎ」を見て、母と二人で「できればそっとしてほしい」と思った。母は「(息子の)行動は当然のことだったのでは。運悪く命を落としてしまったけれど」と。新聞社が読者から集めた見舞金を受け取ったが、全額の約五千万円を「社会福祉に役立てたい」と関連団体や地元の横浜市緑区に寄付した。
 持病で足が悪かった母は、事故後一度も新大久保駅を訪れないまま、
二〇〇五年十月に自宅で倒れて亡くなった。山崎さんも同駅に顕彰碑ができて一度だけ訪れたが、足が震えてホームを歩けなかったという。
★残念です。  投稿者:kailo●●●さん
 映画見ました。
見る前から「韓国のプロパガンダ映画だよ」と、噂されてはいたのですが
当時の事件を知っていたので、それでもあえて心をまっさらにして見るよう心がけました。
しかし見続けるうちに、どうしても映画全体に流れる空気のようなものに、違和感を感じてしまいました。
何故このような作りになってしまったのでしょうか?
これでは関根さんは勿論の事、日本が好きだった(と思う)李さんも浮かばれない、としか言いようがありません。
非常に残念でありません、出来る事ならもう一度作り直して欲しいというのが、この映画を見た私の素直な感想です。
★吐き気の後の、涙。 投稿者:catf●●●さん
まず、事故で犠牲になった方の冥福を祈りたい。日本人・韓国人に関わらず。
さて、映画だが。とにかく、宣伝部隊を含む制作関係者の人間たちの「意図」に、吐き気を催す。
実際に起こった事故、それも死者が出ている惨事を題材にするなら、それなりに「必要不可欠となること」があるはずだ。その内容については、ここで大多数の方が述べておられるので割愛するが、「意図」が透けて見えるだけに、腹立たしさが倍増する。せめて、もう少しうまく作ればいいのに、と憐憫さえ覚える始末だ。
事実を知っていて「敢えて」こうした映画を作ったなら、腹の底から軽蔑する。知らずに作ったのなら、ソフトに関わる人間として明らかに失格。
悪い意味で、それも深刻な現状として、いまの「日韓関係」が分かる映画という評価は下せるだろうと思う。韓国人青年の人柄が(良くも悪くも)際立つだけに、作品づくりの背景に横たわる(としか考えられない)おぞましい悪意に、身震いのする思いだ。まさに、日韓の現状。
日本人は、嘘をなにより嫌う。「美化」するだけならまだしも、事実をひん曲げてまで「ある特定の思想」を押し付けられるのは、もうたくさん。日本国内の新聞社・テレビ局などにも言えることだが、こうした思いにかられる人が増加する傾向は、今後、ますます強くなるだろう。なにしろ、この映画を通じて、題材となっている事故の真実、にも関わらずイビツに偏る背景にまで触れ、真実を知るであろう層が増えていくのだから!
そういう意味でのみ、意義のある作品。「実在した」主人公への共感の涙が、ひとしきり湧き上がる怒りの後にしか滲まない映画なんて、価値があるわけがない。
★人の死を金儲けや政治的利用をしてる映画 投稿者:qgc●●●さん
まさにプロパガンダ映画、事実なのは「人を助けようとして亡くなった」という事だけで9割がフィクションである。「友好」の言葉が陳腐に聞こえるし、死者を冒涜している。
この映画をどうやって評価しろというのか?
それと「勇気がある」とか「人間として、とても素晴らしいことをした」とか書いてる人がいるが馬鹿か? まず、非常ベルを押して緊急停止させるのが先決だろ?子供が真似して線路に飛び降りたりしたらどうする? なんか必死に美談にしようとしてるのがミエミエ。
上辺だけの友好なんて長続きするわけないのに。異様に評価を高くつけてるのは、業界関係者?
最後に亡くなりました三人の「本当」のご冥福をお祈りする
★李さんの彼女は同胞で、関根さんはどこへ?  投稿者:echize●●●さん
映画紹介記事に疑問があります。李さんのご冥福は祈ります。線路に下りた行動の是非はいいませんが、心がけは立派な青年だと思います。
でもこの映画のどこが真実?日本人を馬鹿にしてます。二人が助けられず、日本人の関根さんも亡くなったのに、つけたしみたいな扱い。。。それに落ちた方の親族はこの映画でまた嫌がらせされて辛いでしょうね。同じ事をして韓国人<日本人ですか?韓国の地下鉄で日本人が韓国人を何度か救った話はスルーですか?友好を本気で考えるなら、同じ事が韓国でもあった、何人でも命を尊ぶのは同じとするべきでは?
それと同じ日本語学校に同胞の彼女がいたのも有名なのに、日本人の彼女に、韓国嫌いな彼女の親って?日本が悪いって洗脳ですか?現実は韓国女性と日本人男性のカップルや結婚が3倍多いのに、いつも日本人女性。韓国男性に日本人女性は俺達が好きだろうと頭に来る事を言われるのもこりごりです。性犯罪も増えます。止めてください。
★>>ここで酷い評価をしている人たちは  投稿者:tikutさ●●●ん
>映画という人間が生み出した素晴らしい文化をも醜い民族主義を基準
>として評価してしまうかわいそうな人たちです
確かに酷すぎると思います。韓国人の歪んだ劣等感や異常な民族主義がこうした日本を侮辱した映画やドラマを平気で作らせるのでしょう。
もし韓国で、逆の設定で映画作ったらどうなるんでしょうか?
監督は身に危険が及び韓国で生きていけないのは明白です。
 映画と言う人間が生み出した素晴らしい文化、そして尊い命を利用して、日本人の国民性までも否定しようとし、何も知らない無垢な日本の若者たちに見せて洗脳しようとする。これで満足ですか?
>こういう人たちには基本的に何を言っても無駄です。時間の無駄、労
>力の無駄。便所の落書きとココは違うということを認識できないんで
>すから。
 ほんとにこの映画が良いと言うなら、きちんと論理立てて反論すれば良いだけのこと。
大半はちゃんと根拠があって批判・反論してるのに、何も聞こうとしないのはどちらでしょうか?
 まあ、日本の方じゃないんだろうけど、あなたのこういった言動は、ここで多くの方が言われてる韓国そのものでは?とにかく日本見下したり自分勝手なことばかりに終始し、日本が少しでも批判すると、差別だの軍国主義者だの民族主義者だの変なレッテルを貼って半狂乱になる。
竹島問題とかもすべて同じですよね?
★なんで李さんだけ?  投稿者:steel●●●さん
冗談抜きで怒りしか込み上げてきません。
この事件を少し調べて「李さんを中心とした映画」と、予め知った上で観に行ったのですが、これはサブタイトル「日本人は最低」と銘打ってるんじゃないかと・・・。
一緒に助けた関根さんは横に居て様子を見てる程度にしか取り上げられません。
フィクションでも、ここまで故人を冒涜出来る映画もあるでしょうか?亡くなった人は文句が言えないから余計に悲しいです。
★ちなみに役者はマーキーが良かったので、それだけのために2です。  投稿者:kuma●●●さん
この映画に怒りを感じる理由はただ一つ。
電車に飛び込んで助けようとしたのは李さん一人ではないということ、
関根さんという、もう一人の「日本人」の勇士がいたということを蔑ろにしているからです。
この時点で世論操作の臭いがしますし、純粋に映画を楽しむ事はできません。
他民族を助けてた勇気ある韓国人。
自民族をも助けられぬ情けない日本人。
この映画はこういうことが言いたいのでしょうか?
これは非常に幼稚な思想で作られた映画だと思います。
★いろいろ不愉快です 投稿者:hyp●●●さん
まずto_vast_●●●さん、この映画をひどいと評価する人間はかわいそうな人間、相手をするなとはどういうことでしょうか?
あったことも無い人をここのレビューを基準として評価してしまうあなた自身は他人から見るとどう見えるでしょうね?
監督は「見ず知らずの人を救おうと線路に飛び込んだ李さんの最期の姿を、今の日本人に見て欲しい」とコメントしています。
なぜ「韓国人(李さん)」の姿を今の「日本人」に見てほしいのでしょうか??
見ず知らずの人を救おうと線路に飛び込んだ「日本人(関根さん)」の姿じゃダメなのでしょうか?
私にはこの映画こそ醜い民族主義を基準として製作された映画に見えるのですが?
まあそれ以前にこの事件を使い、無理矢理英雄を作り上げ、商業利用ししようとする人間達が一番不愉快ですが。
ところでこの映画はもちろん韓国でも公開されるのでしょうね?
ぜひ韓国の人達の感想が聞いてみたいところです。
★関係者よ、あなたがたを忘れない  投稿者:kju●●●さん
まず、亡くなられた三人の方々のご冥福をお祈りする。
しかし、何という皮肉だろうか。
人命救助という尊い行いを描く「描き手」が、このような救い難い欺瞞にまみれているとは。
こんな風に彼等を利用してまで、そんなにしてまでプロパガンダを垂れ流したいか。
誰もが批判や異論を差し挟む事をためらうであろう「実在の人物の死」を盾に取るあたり、
実に巧妙で卑劣である。また、それだけではない。
更に日本人が批判しずらい防護壁として、天皇陛下まで担ぎ出すと言う。
この執拗さ、周到さは一体何だ?
関係者の幾人かは、企画のアウトラインを聞いて深く物を考えずにこの作品に携わったのかもしれない。
しかし、無知は罪である。
仮にも文化人を自称するなら、国際情勢、社会常識に暗愚であってはならない。
自分が何をしているか、"何者に加担しているのか"目を凝らして足元を見るべきだ。
日本という国やその国民に唾を吐いておきながら
無知な輩が世に何かを啓蒙できるなどと、勘違いも甚だしい。
このような映画が作られた事実を忘れてはならない。
他者の死を利用し、侮辱する行いは忌むべきものである。
この映画を見て学ぶ事があるとすれば、
世の中に厳然とある欺瞞、人の心を蔑ろにする商業至上主義、無知である事の恐ろしさを認識する事、
そして政治的意図を持った勢力の存在を見極め、自ら考え、そう言った者達が囁く
偽りの美しい言葉に、安易に耳を貸さない事である。
★サブタイトル/関根さんの事は忘れて  投稿者:pc●●●さん
この映画はタイトルだけで既に終わっています。
「あなたを忘れない」の対象はイ・スヒョンさんだけであり、関根さんの存在は「忘れてくれ」と言わんばかりである。
このような映画は関根さんの遺族・泥酔し落下したとされた方の遺族を傷つけるばかりである。
特に関根さんの遺族の心中いかばかりかと察します。
しかも天皇皇后両陛下を日韓友好の美名の下、試写会に駆り出すなど屈辱物と言うしかない。これでこの映画が商業的に失敗に終わっても(既に決定ですが)、今後教育映画として小中学校にて上映される可能性が高いでしょう。
我々が可能な事はこの映画を商業的な失敗だけではなく作品として完全なる失敗作として、後年の世に出ないように酷評の声を出来る限り大きく上げ続ける事しかありません。 ★日韓友好を唱えるならノンフィクションで!  投稿者:sow●●●さん
ここまで偏っていたら、みんな馬鹿じゃないからドン引きしてしまうでしょう。
逆に、悪意のある工作にしか見えなくなることが、何故わからないんでしょうか?
そのように感じる方はつまり偏見の塊があるからそういうふうに見えるのだと仰る方もいるでしょう。
やはり演出によって必要以上に韓国人の犠牲者の方をメインに描かれ観客から色んな疑問を投げかけられたこと自体、韓国人の犠牲者とそのご遺族の方々はもっとつらい気持ちになっていることでしょう。
マスコミ関係の方もそうですがメディアに関わる媒体のかたたちの洗脳しようとする安い思想統率は、ただただ逆のベクトルにしか働かないことを理解しないといけないでしょう。
世の中で間違っていることは、ちゃんと正していってもらわないと困ります。
もう黙って好き放題にできる時代は終わりました。
ちゃんと責任感をお互いに持ち感情をコントロールし建設的な日韓友好を築いていって欲しいです。
自己主張の裏には責任がついてなくてはいけないと私は思います。
この作品には、あまりにも作られた話による偏ったメッセージしか介在していないのではと思います。
共感を得るには、作られたものではなく、生身の等身大の人間が発する言葉や行動にしか得られないのではないかと思います。
特にこのような心の問題にはね。
★これは、反日映画ですか? 投稿者:boo●●●さん
試写会で観ました。
映画自体、全体的に長すぎ。
始まってすぐ眠ってしまいましたが、起きてから観た長さで調度良かったです。
キャストは、日本人が演技がイマイチ。
こういう映画だから、いい俳優さんは出演拒否したんでしょうか?
新大久保駅での事故の話が元になっているとは知らずに観ましたが、
観ていて反日を前面に押し出した映画だと感じました。
最後に「故・李秀賢さん、関根史郎さんにこの映画を捧げます。」とのメッセージが出ましたが、
その勇気ある日本人男性のことは映画では一切触れられていませんでした。
それどころか、日本人は線路に落ちた人を見殺しにしたが、
勇気ある韓国人は犠牲になった、というメッセージが強く込められています。
その他にも、
韓国の家族は仲がいいけど、日本の両親は離婚して父と娘は喧嘩ばかり、とか。
日本男児は兵役がないから韓国人より自立してないし考えが甘い、とか。
日本人は「韓国人」というだけで韓国人を嫌う、とか。
偏見の塊です。
韓国ドラマでも時々こういう偏見が見られますが、韓国人が下手な日本語を話して日本人役をしているだけです。
なぜ日本側がこの映画製作に協力しているのかが分かりません。
★製作者に失望  投稿者:lyn●●●さん
関根さんと李さんのご意志は大変立派で賞賛に値すると思います。
お二人はただ「危機に陥っている人を助けたい。」
という気持ちで自らの危険を顧みず無我夢中で救助しようとしたのでしょう。
李さんはその時、「韓国人だから」「韓国人なのに」などと考えていたでしょうか?
ただ一人の人間として危機に晒された人を助けようとして、命を落とされたのです。もちろん関根さんも。
にもかかわらず、この映画の製作者も、この映画を高評価している人達も、「韓国人だから」「韓国人なのに」などといった所に異常に執着しているのが不思議です。
李さんの恋人は実際は韓国人であったにも関わらず、この映画では日本人という設定に変えられています。
そのことによって、劇中で日本と韓国との対比を強調し(日本の方が道徳的、モラル的に劣っているかのような描き方)、
その結果、「韓国人だから」「韓国人なのに」ということがより一層強調されるような構造になっています。
製作者は実在の恋人の設定を変えてまでも、そのようなことを描きたかったのだと感じました。
本当にお二人のご意志を尊重するとの目的で作られた映画ならば、もっと違う描き方もあったのではないでしょうか。
それから、純粋に青春映画として楽しめると言っておられる方がいますが、
単なる青春映画であれば他に題材はいくらでもあるはずで、
わざわざ関係者全員が亡くなってしまった事故を題材にし、一方の英雄を無視し、
事実を捻じ曲げ(関根さんや韓国人の彼女)、そこまでして青春映画をつくる必要などあるのでしょうか?
この事故を題材にして「青春映画のようなもの」をつくるのは、
下衆な目的があったからではないでしょうか。
私には何人か韓国人の友達がいて、友達はいい人たちなのですが、
この映画によって韓国に対して不信感が強くなりました。
★批判されるのは当然  投稿者:eco●●●さん
フィクションとして楽しめればいいというご意見の方もいらっしゃいますが、それなら実在した人や実際に起きた事故を一切宣伝等に使用しないでほしいです。
もともとこの映画は、2年前の日韓友情年にちなんで制作が決まったもので、当初はドキュメンタリーといわれていたものです。それが出来上がってみたら、殆どフィクションだらけのイ・スヒョンさんの青春映画になってました。
>関根さんのご遺族の意志をによって、関根さんを大きく出すことができない
ご遺族は一貫して「そっとしておいてほしい」と仰っています。
でもね、イ・スヒョンさんを1年かけて取材していながら、これだけフィクションだらけだったんだから、取材なんて殆ど意味が無いってことじゃないですか。
関根さんの取材が出来なかったから描けなかった、というのはていのいい口実だと思います。
韓国では関根さんがいたことを知らない人が多く、マスコミも、最初は日本人も救助にいったと伝えたけど、最近は「イ・スヒョンは線路に落ちた日本人を助けて亡くなった」という話になっていて、助けられた人は生きていると思い込んでいる人もいます。どっちみち、そういう事情があるから、この映画で関根さんを書けなかったんだと思います。
>関根さんもあれほど勇気のある行動をなさった方が、
>自分の存在を忘れてないか!!!
>と思って怒っているようにも思えない。
当たり前です。スヒョンさんだってこんな嘘ばっかり描かれたくない!って思ってるかもしれません。
彼らはむしろ、友好という政治のために利用された被害者です。
それに、亡くなった2人がどう思うかじゃなく、生きている私たちが彼らをどう偲ぶかが大事なんじゃないんですか。
人を救うために命を落とした人たちが、それぞれ日本人と韓国人だった、という事だけを使って、完全な創作映画を作ってもよかったはずでは?それをしないで、スヒョンさんの英雄的青春みたいな映画にしちゃって、前宣伝も「スヒョンさんという素晴らしい韓国人がいた。彼から学ぼう。感動しよう。」キャンペーンみたいになってるから、批判も多いのは当たり前だと思います。
>むしろ、この映画を見て、何かを日本人には感じてほしいと思っていると思う。
なんで日本人だけが感じないといけないんですか?韓国人はなにも感じなくていいの?
この映画って日韓友好のための日韓合作映画なんでしょう?どうして合作なのに「日本人に何か感じてほしい」内容になるんだか。
日本人スタッフによる韓国プロパガンダ映画だと認めてらっしゃるんですね。
日韓友好とか○○記念とか、派手な看板がついてると、なんとか映画の良いところを探して褒めようとしちゃうんですよね。
人はみんな可能な限り善人でいたいと思うものだから。
普通の映画みたいに、役者がヘボいとか脚本がダメダメとか、言ってはいけないような空気があると思う。
私は人のレビューを見るのが好きで、色んなサイトやブログ見たりするんですけど、この映画に関しては、普通の映画評とは違う、なんか遠慮みたいなのを感じました。
ここで批判が多いのは、関根さんのこともあるけれど、友好を盾にしたいやらしさや、偏った映画を天皇陛下に見せようとしたり、日本人はこれを見て何かを感じるべき!みたいな隠されたメッセージ性に対して無意識に反発を感じてるんでは?
★批判程度で済んじゃうのが不思議  投稿者:tod●●●さん
>なんでそんなに批判的なのかな?
散々既出です。これまでのレビュー読んでないの?
日本人が悪く描かれてる理由くらい書いて下さい。
恋人が日本人になってることもね。韓国の反日ドラマと何が違うの?
>調べてみると関根さんのご遺族の意志をによって、関根さんを大きく出すことができな
>いという背景があったようで。
どうしてそっとしておいてほしい思ったんでしょうね?
それに日本人が悪く書かれてる理由にはなりませんね。
>むしろ、この映画を見て、何かを日本人には感じてほしいと思っていると思う。
たとえば何ですか?日本人は差別主義者で、韓国人は家族思いのすばらしい民族。日本女性は韓国男性に憧れてる。とか?それだったら日韓友好ドラマや韓国の反日ドラマ見れば十分です。
>大人たちが作ってしまった境界線を狭める為にもこのような映画で訴えかけることは必
>要なことであると思った。
勝手に境界線を作ってるのは大人たちではなく韓国人でしょ?日本は何でもオープンにやってきました。
馬鹿が付くほどお人よしの日本はどれだけ経済援助し、ブームだの友好だの言ってかれらのわがまま聞きましたか?逆に彼らはどれだけのことしてくれてますか?これ以上何をしろって言うの?一生こんな屈辱的なことし続けるの?だったらあなた一人でお願いします。
>日本人だからとか、韓国人だからとかそういった枠にとらわれない気持ちで見なければ、>何も響かないし、逆に偏見ばかりで、意味のないものなのかもしれない。
そんなこと日本人はみんなわかってるでしょ。
韓国人は歪みに歪んだ枠の中でしか日本を見ることができませんけどね。だからこういった映画やドラマが次々出来る訳で。当然響くものなんて何もないし、意味もありません。
なんか定期的に必死で賞賛する人が出てくるね。
反論するのは決して悪いことじゃないけど、全然反論になってないよ。
★名は体をあらわす  投稿者:bantyat●●●さん
視聴者の大半は映像となって現れたものだけで判断します。
その背後にある作り手の事情などは知らないのです。
ですから、作り手は作品の製作に当たっては慎重であるべきなのです。
特に、今回の件は国籍の異なる3人の人間が関わった悲しい事件
ですから、特にそうあって欲しかった。この事件は一部の人達の
記憶ではありません。日韓両国皆の共有の財産とも言える記憶です。
それを一部の人達によって、都合の良い様に切り刻まれ、歪曲され
映像化されるのはあまりにも酷すぎる。大半の人が納得する形で
映像化するのが、最低限のモラルではないですか?
出来上がった作品のタイトルが「あなたを忘れない」です。そこには
関根さんへの配慮はまるで感じられません。タイトルに現れた
作り手の卑劣な本音と「本当は李さんと関根さん両方に配慮した
作品を作りたかった」という建前の差には怒りすらこみ上げます。
多くの日本人は李さんだけではなく、関根さんの存在も忘れられてほしくないはず。そういう思いを斟酌する心の繊細さ位は作り手に持って欲しかった。
この作品を作った人々は、関根さんの存在を出来るだけ小さくしたい
ようですが、我々多くの良識ある日本人は「関根さん、あなたを
忘れない」です。
★こんな映画賞賛してる人、理解不能。  投稿者:yumi_●●●さん
>>この事故を映画化することはそんなにいけないことでしょうか?
だれも事故を映画化すること自体は否定してないでしょ。
この映画の目的は事故を映画化するのでなく、毎度のよう露骨に韓国>日本ってことをやりたいだけなんだから。
 賞賛してる人みんなそうだけど、なんで散々既出の日本人が悪く描かれてることや、韓国人の恋人をわざわざ日本人に摩り替えてることに触れないのさ?完全に本来の趣旨からかけ離れてるだろ。ちゃんと納得のいく説明しろよな。これだけで見る価値なんてないでしょ。真面目に作るなら2人を客観的事実を基に作ればいいだけでしょ?そしたら誰も文句なんていわなかったはずなんだから。最低限タイトルは「あなたたちを忘れない」にすべきじゃないの?完全に韓国人だけじゃん。馬鹿馬鹿しくてもう笑うしかないね。
>>犠牲になった韓国人留学生の生前の日本での生活を知ることは、
はぁっ?!? 嘘、デタラメの内容なのに何言ってんの???
それになんで知る必要があるの??
 一連の報道でもそうだったけど、こういうの見て関根さんの遺族がどう思ってるか少しは考えろよ。自分の愛する人が命を落としたのに、世間で「日本人は助けなかった、日本人は冷たい」だぞ。人として終わってる。狂気の沙汰だよ。自分や家族、恋人が命を落としてこんな扱いうけたらどう思うよ?そりゃ撮影に協力なんて拒否するに決まってるだろ。こんなものよく公開できるな。これが台湾の人とかだったら作ったのか?作っても日本人を馬鹿にした内容や、日本の女性との恋愛話なんて創作しないだろ、常識的に考えて。
同時期に「ヴァージンスノー」「素敵な夜僕にください」という映画が公開されますが、両方とも日本女性と韓国男性との恋愛映画だそうです。片方は日本女性が体をあっさり売るそうです。日本の恋愛映画にわけのわからない韓国人が出てくること自体意味不明です。
あなたを忘れないを賞賛してる方々はやっぱりこれらも評価されるんですかね?
渋谷にでも行って調査すればいいんでは?日韓友好ドラマとか韓国の映画、ドラマや言論、ネット上なんかでも「日本女日本女日本女・・・」こんなの知れば誰だって「キモイ!」って爆笑するか、鳥肌物の嫌悪感抱くのが普通だろ。こんなことが今や日常的になってんだから異常だよ。みんなほんとにこのままでいいの?
★この映画の製作者サイドに良心はあるのか? 投稿者:nijin●●●さん
関根さんの遺族の同意を得られなかったら、この映画を製作しない
というのが、常識ある人間の獲るべき道だろう。というのも、この悲惨な事件においては、関根さんを抜きにしては語れないからだ。
そして、彼の存在を、例え如何なる理由があろうとも、軽視した作品を作れば、見る人に余計な誤解を与える危険があるのは自明だ。
それは、この作品が発表されてからの世間の反応を見れば明白。
そんな誤解や葛藤を、李さんや関根さんは望んでいるのか?
そして、このようなリスクを犯してまで出来上がった作品が、従来の日韓合作の作品と何ら変わらない構成になってるのには、呆れるばかり。韓国人を美化する為に日本人を悪意を持って描写し、韓国人に卑屈に擦り寄る日本人。韓国人の恋人がいたにも関わらず、
日本人にすりかえる意味不明な脚本。そんな程度の低いことをしないと、彼らが我々に突きつけたメッセージを表現出来ないのか?
単に、韓国人をネタにして映画を撮りたければ、他に題材を求めるべきだ。
私にはこの映画は、韓国人の幼稚なナショナリズムに踊らされた困った人達が作った作品にしか見えない。他人の命を救うために自己を犠牲にした生命を、このような形で差別して描写したこの映画の関係者は恥を知るべきだろう。
★何かがおかしい 投稿者:im●●●さん
私はこの事件で亡くなられた李さんと関根さんに最大限の敬意を払います。
その上でこの映画を語らせて頂きますが、この映画は1人の青年の尊い命をダシにした韓国商業映画だと私は感じました。
電車事故以前に日本人女性とのふれあいが描かれているわけですが、あまりにも扱いに違和感があるからです。
例えば、家族を愛し、両親を尊敬する韓国人。
かたや、両親が離婚し、父親と喧嘩する日本人。
優しい心を絶やさない韓国人。
人種差別を公然と行っている日本人。
・・・つまり、負の部分は日本が、正の部分は韓国がそれぞれ担当しているのです。
韓国内で受けのよい「韓尊日卑」をまざまざと見せ付けられているかのようでした。
この作品のテーマである「日韓友好」「共感」は、どの辺が当てはまるんでしょうか?
それとやはり関根さんに関しては私も疑問に思うところがありましたが、興味深いレビューを記者の方がしてくれているようで、なるほど納得・・・しかけたんですがやはり何かがおかしいんですよね。
つまり
『関根さん側からは了解を得ていないのになぜ映画化したのか』
関根さんはチョイ役だから問題ない・・・という人もいるでしょうが、広告や宣伝で事故自体を思い出す可能性もあるわけですし、心情を考えれば映画化(又は日本公開)は配慮に欠けるのではないかという点。
『関根さんをなかった事にする真っ当な理由があるならなぜそれを鑑賞者側に伝えないのか』
マスコミもメディアも何も言わないから、観た人は関根さんがデフォルトで"なかった事"にされてると思うのは必至。
何も言わないのは関根さん側を考慮したんでしょうか?
・・・自分の命を投げ出し人を助けるという行為は尊いものです。
それ自体には共感しますが、それを利用しこんな映画を作ってるようではテーマに掲げられた「友好」や「共感」はまず無理だなと思いました。
あと一つ。この映画の収益金はどこに行くのでしょう。
できれば製作者側の懐のみに収めず、二度とこんな事故が起きないような対策、もしくは交通遺児基金などに寄付してもらいたいものです。
★心優しい青年の命をつかった商業映画  投稿者:komomo●●●さん
あまり悪いことを書きたくないのですが、この映画に関してはどうしても疑問を感じずにはいられないので書かせてください。
2001年、新大久保駅で線路に落ちてしまった男性を助けようとして亡くなった、韓国人留学生イ・スヒョンさんをベースに作られていて、HPには
『2001年1月26日 新大久保駅でお亡くなりになりました、故・李秀賢さん、関根史郎さんにこの映画を捧げます。』
と書いてあります。
しかし追悼の意を感じるというよりは、そこに陳腐な恋愛をまぜ、『タイヨウのうた』の二番煎じを狙った商業映画という印象を受けました。
確かに亡くなった主人公が実在するとなれば、観客の感動は大きくなります。
しかし、それは亡くなった方の命と軽視してると思います。
一人の勇気ある青年の死をこんな作品にしてしまうことに、憤りを感じずにはいられません。
映画自体は、失礼ですが、ヒロインのマーキーの演技がひどすぎます。
「タイヨウのうた」「NANA」のように映画からのCD化で売り出したかったんでしょうが、明らかにミスキャストです。
あと、致し方ないことですが主人公の韓国の俳優さんの日本語が、
コミカルに聞こえてしまいます。(会場でも笑がおこっていました)
無理に日本語で話さなくてもいいのではないかと思います。
この映画を反面教師として、人の死について考えられたことはよかったと思います。
★大駄作  投稿者:minaso●●●さん
この映画の元となった実話は、非常に心打たれる事件であったために、この事件をどう映画化するのか、という点に注目して鑑賞した。
しかし、この映画を作ったスタッフには、残念ながらノンフィクションをフィクションに作り変えるだけの力量が絶対的に足りなかったようだ。
この作品の中で軸の一つとなる韓国人留学生について、その人物描写のために安易に善対悪のごとき単純な描写やストーリーを持ち出すところがまずいけない。
いまどき、小学生向けの物語だって、こんなやり方で人物描写使用とはしない。
数十年前の不良映画を見るがごときつくりである。
それも、事実とは大いに異なるエピソードを加えて亡くなられた方の意思をゆがめ、わざわざ矮小化するようなストーリーに仕立てている。
しかし、一番許せないのは、主人公と共になくなった、もう一人の善意の日本人の扱いであろう。
それこそ、最後にチラッと出てくるだけの「チョイ役」とでも言うべき扱いであり、いきさつを知らずに見た人にとってはまったくの意味不明となっている。
これで「故人に捧ぐ」はなかろう。これが死者への冒涜でなくて、なんと言うのか。
この作品を、「事実を基にした」というべきではない。
監督の妄想で作られた、フィクションであると明言すべきだ。
★誰の為の映画なのか? 投稿者:dirty●●●さん
こんな酷い映画は久しぶりに見ました。
日本人の描写が酷いのはまぁ置いておきます。
所詮あちらの国策映画に日本が加担しただけですから。
それ以上に酷いのが、ノンフィクションにフィクションを織り交ぜて故人の名誉を傷つけている事。
劇中主人公の韓国人青年には日本人の彼女がいますが、実際には韓国人の彼女がいたそうです。
「どうせだから日本人の彼女を作ろう」
「優しい韓国人青年と手を差し伸べてもらった日本人女性を対比させよう」
これ1つとっても、どれほど相手を愚弄しているかが分かります。
果たして犠牲になったお二人はこんな映画を捧げられて喜んでいるのでしょうか?

日本人として映画「あなたを忘れない」に「NO!」と感じたら応援クリックを!!人気blogランキングへ
JRANK BLOGRANKING
映画「あなたを忘れない」は日本人に「日韓友好」の感情ではなく「韓国嫌悪」の気持ちしか増幅しない、そう思う方はクリックしてください!
 また、このブログの記事は2007年1月28日に書かれたもので、未来の日本のためにネットを通じて情報を発信しています。2007年1月28日以降に、この記事に何かを感じた方はクリックをお願いします!


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジェームズボンド007シークレットファイル
Excerpt: カジノ・ロワイヤルが公開され、新しくファンになる方も増えるのでは???まだまだ知識の浅い私には嬉しい一品です!007に込められた細かい設定は必見です。ジェームズ・ボンドに近付ける事間違いなし!!期待の..
Weblog: 映画の思い入れ
Tracked: 2007-08-17 07:52

ジェームズボンド007シークレットファイル
Excerpt: カジノ・ロワイヤルが公開され、新しくファンになる方も増えるのでは???まだまだ知識の浅い私には嬉しい一品です!007に込められた細かい設定は必見です。ジェームズ・ボンドに近付ける事間違いなし!!期待の..
Weblog: 映画の感動
Tracked: 2007-09-05 02:59

嫌韓ネタ置き場6(転載)
Excerpt: 前回のIMF管理下入り以降に韓国政府が作った法律や日本政府と結んだ条約 改正国籍法 両親の片方が韓国籍だった場合は、どこの国で生まれた子供でも自動的に韓国籍を持つ。 韓国籍を持つ者が韓国籍から..
Weblog: g's SNS diary/gのSNS日記
Tracked: 2008-09-17 20:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。