2007年01月20日

外務省よ、お墨付き日韓友好映画なら「あなたを忘れない」ではなく、「あなた方を忘れない」とすべきではないのか?宮内庁よ、天皇・皇后両陛下の純粋なお気持ちをみせかけの「日韓友好」に利用するな!

JRANK BLOGRANKING
天皇・皇后両陛下の今回の試写会ご鑑賞は、なぜか早々とスポーツマスコミや韓国マスコミが報道している点など両陛下の安全面から考えてみても非常に問題であり、また事故で同じように救出のために亡くなられた日本人の関根さんの扱い方も「あなたを忘れない」という題やキャストの位置からしても氏の尊い御霊を大変粗末に不平等に扱っているようで不謹慎であり、両陛下にご覧に入れるのは大変問題である、そう思う方はクリックしてください!
 また、このブログの記事は2007年1月20日に書かれたもので、未来の日本のためにネットを通じて情報を発信しています。2007年1月20日以降に、この記事に何かを感じた方はクリックをお願いします!

総務省の「ネット規制」の動きを多くの国民に知らせるために「にほんブログ村」のランキングにも参加することにしました。
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

天皇、皇后両陛下26日の試写会出席…日韓映画「あなたを忘れない」 日韓合作映画「あなたを忘れない」(花堂純次監督)の公開前日の26日に、東京・ニッショーホールで開かれる「追悼試写会」に、天皇、皇后両陛下が出席されることが19日、発表された。配給元のソニー・ピクチャーズ関係者が明らかにしたもので、両陛下そろっての公務で試写に出席されるのは初めてという。
 同作は2001年1月26日、JR山手線の新大久保駅ホームから転落した日本人を救おうとして電車にはねられ死亡した韓国人留学生、イ・スヒョンさん(享年26歳)の実話を基に描かれた感動作。
(2007年1月20日06時02分 スポーツ報知)

5年前に日本の地下鉄の線路に転落した泥酔者を助けようとして、亡くなった李秀賢 (イ・スヒョン)さんの献身精神を扱った映画・『あなたを忘れない(監督・花堂純次)』の試写会に、明仁日本国王(注:原文訳)が参加する。
ソース:NAVER/東京=連合ニュース(韓国語)

あなたを忘れないオフィシャルサイト
http://www.korea-japan.jp/cast.html


あなたを忘れない > 作品ユーザーレビュー
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id326060/p1/s0/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この事故は、新大久保の韓国人日本語学校の学生が線路に落ちた日本人を助けようとして助けられずに同じように助けようとした日本人の関根さんとともに3人とも亡くなった事故である。
 その気持ちは純粋に人を助けたいという気持ちから出ているのだから、韓国人日本語学校生を美化したい気持ちは分からないこともないが、結果的には線路に落ちた日本人を助けられなかったばかりか、助けようとしたこの日本語学校の学生も、同時に助けようとして飛び込んだ日本人の関根さんも亡くなっているという大変残念な結果になった事故であり、その結果を見ればとても韓国人日本語学校の学生を英雄視することはできない事故である。
 さらに「あなたを忘れないオフィシャルサイト」を見ても分かるように、映画では韓国人日本語学校学生とともに線路に飛び込み助けようとして同様に亡くなった関根さんは「関根」というその小さな扱いから主役級として取り扱われないようで、この事故の事実を正しく伝えていない面でも問題ではないだろうか。

【参考意見:2ちゃねらーの当然の指摘】
しかもキャスト一覧の関根さんの書きかた。一番下から4番目だよ!「酔っ払いの男」の下に「関根」とだけ。ひどすぎる。
      ↓
http://www.korea-japan.jp/cast.html

(上のほう省略)
岩田 名倉右喬
アイコ 柏静香
ユカ 柏志穂
福岡萌子
ネットカフェ店長 嶋本勝博
吉岡 安藤彰則
女性社員 鈴木飛鳥
客 たにし(ホームラン)
中年男 勘太郎(ホームラン)
酔っ払いの男 伊藤慎介
関根 大嶋守立  ← ← ← ← ← ← ← ← ←これ
チェ・ジンスク ハン・ソヒョン
ジェイソン クリスト・ピエトロ
シャノン デルチャ・ミハエラガブリエラ

 また、線路に落ちて亡くなられた日本人の当事者を「酔っぱらいの男」とキャストに書き入れる事故の取り上げ方も人間としての常識が疑われるのではないだろうか。
 普通の日本人なら、ホームに柵などがないため線路に落ちて亡くなられたもうひとりの無名の「酔っぱらいの男」にも、ご家族の気持ちに少しでも思いやり映画で描いて御霊を慰めようと思ったはずだ。
 そう考えれば、この映画のプロデュースを後援したり、支援している外務省や文化庁の態度も大変責任があろう。
 仮にもし、両官庁が、日韓友好の映画としてお墨付きを与えたいのなら、タイトルを韓国人学生1人だけを思い出させる「あなたを忘れない」ではなく、韓国人学生と関根さんの2人を思い出させる「あなた方を忘れない」とすべきではなかったのか?
 実際には、この事故で誰も助かってないのに、ブログで有名な韓国人日本留学生izanamiなどは、この韓国人日本語学校学生は1人で線路に落ちた日本人を助けて犠牲となった者であるかのように誤解しているようであり、韓国人のあいだではいつのまにか、そのような美談とされてしまっているようである。
 だが、真に日韓友好が成り立つためには、韓国人の一方的な正義感を称えるような美談ではなく、韓国人がむしろ同様に亡くなった日本人カメラマンの関根さんにしっかりとスポットを当てられるような、日本人と韓国人の気持ちに相互に尊敬の念がなければ、真の「日韓友好」など成し遂げることなどできないことは言うまでもない。
 とりわけ韓国は大新聞まで日本の天皇陛下を「日王」という蔑称で呼んでおり、こうした韓国人の日本に対する侮蔑的な歴史観を改めさせない限り、どんなに天皇・皇后両陛下が純粋な気持ちから「日韓友好」に強い意欲をお持ちになろうと、まことに残念だが現状で「日韓友好」を主張することなどまさしく「絵に描いた餅」にすぎない。
 天皇、皇后両陛下は、おそらくこの事故の詳細はあまりよくは知らないと思われるが、何故か韓国を兄と呼ぶあの宗教を信奉する人間が多いと噂される宮内庁が天皇・皇后両陛下の純粋なお気持ちを「韓流」に利用するのだとしたら、それはとんでもない間違いだと言えよう。

追記:天皇・皇后両陛下が映画の試写会に行かれるという情報を映画の営業に利用するのはそれは大変な間違いだと思うが、それだけでなく両陛下の日程が事前に漏れるとしたら、それは両陛下の安全上大変なことになりかねないので、何かの間違いだと信じたい。
 が、もしそれが本当だとしたらそれを発表する会社と監督官庁である宮内庁の良識が疑われよう。

JRANK BLOGRANKING
天皇・皇后両陛下の今回の試写会ご鑑賞は、なぜか早々とスポーツマスコミや韓国マスコミが報道している点など両陛下の安全面から考えてみても非常に問題であり、また事故で同じように救出のために亡くなられた日本人の関根さんの扱い方も「あなたを忘れない」という題やキャストの位置からしても氏の尊い御霊を粗末に大変不平等に扱っているようで不謹慎であり、両陛下にご覧に入れるのは大変問題である、そう思う方はクリックしてください!
 また、このブログの記事は2007年1月20日に書かれたもので、未来の日本のためにネットを通じて情報を発信しています。2007年1月20日以降に、この記事に何かを感じた方はクリックをお願いします!

総務省の「ネット規制」の動きを多くの国民に知らせるために「にほんブログ村」のランキングにも参加することにしました。
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。