2011年04月05日

『Axis powers ヘタリア』、なぜ日本で韓国を風刺することができないのか?

人気ブログランキングへ

『Axis powers ヘタリア』は各国の特徴を実によく捉えて本当に面白い!そう思う方はクリックを!!JRANK BLOGRANKINGへ
  
『Axis powers ヘタリア』は各国の特徴を実によく捉えて本当に面白い!そう思う方はクリックを!!人気blogランキングへ


『Axis powers ヘタリア』(アクシス パワーズ ヘタリア)は、日丸屋秀和による日本の漫画作品。作者が自身のWebサイトに掲載しているウェブコミック作品であり、商業的にドラマCD、アニメ、書籍化を展開中。

アニメ化決定の際に韓国にも本作が広く知れ渡る結果となったが、原作の韓国キャラクターの設定について「韓国を侮辱している」としてネットを中心に批判の声が上がった。韓国キャラクターはアニメ版に登場しないものの、放送中止を求める署名運動が起こり[13][14]、更には韓国国会で取り上げられるまでに発展した。

『Axis powers ヘタリア』というタイトルは、英語の「Axis Powers(枢軸国)」と、ネット上の造語「ヘタリア」を組み合わせたものである。「ヘタリア」という語自体は、2ちゃんねるの軍事板で「ヘタレなイタリア(軍)」の意で用いられたのを発祥とする。

現在では、知名度の高さゆえ、「ヘタリア」という語は本作『Axis Powers ヘタリア』を指して用いられることが多い。しかし、本来の意味で用いられることもあるので注意が必要である。

概要 [編集]本作品は、世界史をモチーフの主軸とし、世界の様々な国固有の風俗、風潮、気風、風土等を人型に模したキャラクター達が織り成す、国擬人化歴史コメディである[1]。

WW1 - WW2を時代背景に始まり、主人公イタリアと枢軸国を中心に、彼らを取り巻く世界中とのドタバタを史実とエスニックジョークを交えたほのぼのとしたタッチで描く。モチーフは必ずしも世界史ではなく、時事ネタやキャラクターのオリジナルエピソードも多く含まれる。元来のWeb漫画という性質上、作品データの更新が激しく、現在では確認出来ないデータも数多くある。エピソードには、2ちゃんねるの軍事板等を参考にしたものも含まれている。

日本 声 - 高橋広樹(ちびニホン:岩村愛子) 
物静かで真面目な東洋の武士の国。
空気を読む事、機械いじり、アレンジが得意。長い間引きこもっていたため彼を取り巻く文化や環境は独特な物が多く普通だと思っている事がたいていは普通ではない。
自分の意見や感情をあまり表に出さないが、食べ物や2次元の事になると豹変する。塩辛い物や四季をこよなく愛す。
見た目は若いが年配。時々年齢ゆえの高血圧や腰痛の事をぼやいている。

台湾 声 - 甲斐田ゆき
気が強いお洒落な女の子。最近、気苦労が絶えない。中国を老師(センセ)と呼ぶ。

香港 声 - 高城元気
最近中国に返還された旧英領都市。
口調は英語と日本語が混じってギャル男チック。中国を先生(センセー)と呼ぶ。何を考えているかよく分からない。昔祭りの時に爆竹を鳴らしてイギリスを怯えさせ、大目玉を食らった事がある。

中国 声 - 甲斐田ゆき
悠久の歴史とフリーダムな心を持つ国。
日本同様若い見た目とは裏腹に四千年の時を過ごしてきた作中最年長組。特技は料理、拳法で健康に気を使っている。
美人画は異常にうまいが、動物などのキャラクターを描かせると、どこかで見たことがある様なものになってしまう。
世界中に別荘をもっており、どんなところでもすぐ適応できる生命力の持ち主。ただ韓国だけには別荘を立ててすぐ撤収している。
ロシア同様、本編の時代では本来中華民国と呼ばれるべきだが、中華人民共和国を擬人化しており、中華民国は台湾として別に存在している。

韓国 冷戦を経て同じ民族が南北に分断される悲劇と引き換えに、急速な成長を遂げた東アジアの新興国。
若くして急成長を遂げたためか東アジアでは最も体格がよく描写されているが、性格面は思春期の青年そのもの。スキンシップと感情表現が過剰。
思いつきで「◯◯の起源は俺」と言い相手に否定されたらすっとぼける。趣味は留学、ドラマ鑑賞。アメリカに対して苦手意識があり委縮する。

(ウィキペディア参照)

 『Axis powers ヘタリア』(アクシス パワーズ ヘタリア)は、日丸屋秀和による日本の漫画作品ということだが、原作の韓国キャラクターの設定について「韓国を侮辱している」としてネットを中心に批判の声が上がり、韓国キャラクターはアニメ版に登場しないものの、放送中止を求める署名運動が起こり、更には韓国国会で取り上げられるまでに発展したと言う。
 日本の悪口はさんざん言っても全然平気で、韓国を日本国内で少し風刺しても許さない、日本って言うのはテレビ報道で韓国に対する言論の自由が全くないですね。今度の震災でも、日本の震災を大喜びする韓国人が多かったと言うのに。それどころか、台湾から100億もらってもテレビはいまだに報道もせず、NHKから民放まで朝から晩まで韓国ドラマばかり。
 これで、どこが全方位外交なんでしょうか。これじゃ、国民もだんだん劣化するのは間違いないでしょう。本当に日本が心配です。You Tubeの『Axis powers ヘタリア』でも見てうさを晴らしますか。
 










人気ブログランキングへ

『Axis powers ヘタリア』は各国の特徴を実によく捉えて本当に面白い!そう思う方はクリックを!!JRANK BLOGRANKINGへ

『Axis powers ヘタリア』は各国の特徴を実によく捉えて本当に面白い!そう思う方はクリックを!!人気blogランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 また、このブログの記事は2011年4月5日に書かれたもので、未来の日本のためにネットを通じて情報を発信しています。2011年4月5日以降に、この記事に何かを感じた方はクリックをお願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。